チャットレディーは多目的

ライブチャットで相手をしてくれる女性・チャットレディーは、実に多目的です。セフレを獲得したい場合は、チャットレディーの目的を見極める必要があります。ここを誤まると、高額な料金が“高い授業料”になってしまうので注意しましょう。

下記は、その一例です。チャットレディーの目的は、概ねこのように分類できます。

報酬目的タイプ

副業または本業として業務に集中するタイプです。売れっ子チャットレディーは、愛くるしい容姿と話術で月50万円以上を稼ぐといいます。つまるところライブチャットは手段であり、報酬以上の目的はありません。セフレに出来る可能性は皆無のため、ターゲットから除外しましょう。

暇つぶしタイプ

誰かに暇を潰してもらいつつ、お小遣いを得ようというちゃっかりタイプです。ログインも会話もマイペースであり、掴みどころがない印象を受けます。しかし受動的な性格をした人が多く、押しに弱いためセフレ向きです。

お姫様タイプ

常にチヤホヤされたいタイプです。お姫様のような扱いを望み、それを叶えてくれる男性を贔屓します。「あなたに夢中」であることを示せば、エロ電話関係に持っていくことも難しくありません。しかし所謂メンヘラと呼ばれるタイプも多く、長期的な付き合いには向きません。トラブルありきの関係になるため、覚悟がなければターゲットから除外しましょう。

事前に姿を晒す効果

ライブチャットでセフレを得たいのであれば、早い段階でこちらの姿を晒しましょう。お互いに姿を見合い、その上で交流することが大切です。

何故なら、姿がわかる相手には自然と親近感が湧くためです。またライブチャットにおいて男性側の映像配信は任意のため「自分のために、わざわざ姿を配信してくれる人」という強い印象を与えることにもつながります。

姿がわからない相手というのは“正体不明”の存在と変わりありません。ハンドルネームや会話の人柄から『おそらくは、こういう人』とイメージすることは出来ますが、それは漠然としたものであり、あやふやです。そのため実際に会うビジョンは生まれ難く、関係の進展も殆どありません。

しかしながら、容姿に自信がなく映像配信を躊躇する人も多いかと思います。その場合は事前に、大まかな容姿を伝えておきましょう。なお真剣に伝える必要はありません。特徴や似ている芸能人などを、和やかな雰囲気の中で伝えて下さい。プライベートでも実際に行われるような、さり気無く当たり前の会話を展開することがポイントです。

なお映像配信をする際は、豊かな表情を見せる様に心がけましょう。何を話しても表情が変わらない・いつも不機嫌そうな無表情では、悪い印象ばかりを与えます。実際に会っても上手くやれそうと思わせることが、セフレ獲得のコツです。