テレクラなど過去の遺物!今は恋活アプリや出会い系サイトの掲示板が主流

昭和の古い時代にテレクラが流行った時期がありました。そんな時代は猫もしゃくしもテレクラを使っていました。どうしてあれほど流行ったのかを思い返してみると、結局それしか男女が出会える方法がなかったのです。今のようにパソコンもiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンもなかったですからね。

今の若者が聞いたらびっくりするでしょう!
昭和の古い時代にはテレクラという方法が主流でした。テレクラを使って、セフレ(SEXフレンド)・援助交際など大人の関係を結ぼうと悪巧みを考えていたのです。

店舗型のテレクラのイメージ

まあ、知らない人も多いでしょう。実際に繁華街でもテレクラを見かけることも少なくなりました。もう、オワコンなのです。知っている人も「不潔だ!」「怪しい!」「最低だ!」という印象です。

しかし、昭和の時代ではそれがスタンダードでした。男女のデフォルトだったのです。振り返ってみるとおかしくなってきます。でも、そういった稚拙で怪しいツールが出会いの形であった時代です。

いかがでしたでしょうか?

今は恋活アプリや出会い系サイトの掲示板でテレクラの代わりがいくらでもできます。スカイプもあるし、無料通話アプリもあるのです。テレクラみたいな古い手法は駆逐されるだけです。

インターネットテレクラが注目される

草食系男子が増えている世の中だからインターネットテレクラが注目される
自分から進んで女性にアタックしない男性が増えています。そんな軟弱な腰抜け男子が多い昨今。これだけは、どうしようもありません。個人個人を掴まえて説教するわけにもいかないからです。

どうして草食系男子が増えたのでしょうか?

男性が軟弱になっているのです。傷つくのが怖いから女性にアプローチしないのです。女性から見たらとても情けなく観じます。そんな男性象が今の日本の姿であれば、肉食系女子は諦めるしかありません。

男女の出会いはセフレ募集サイト・出会い系サイトや恋活アプリの掲示板が主流

こういった場所でも男性が主導でアタックしない限り出会いは実現しません。男性が「待ちの姿勢」そんなスタンスをしていてはエッチもできません。事実童貞率も高いみたいですから。

女性にアタックするのが苦手ならば

テレクラは昭和時代に一大ブームになった出会いツールです。相手の女性も出会いたいから積極的に電話をかけてきます。男性は待っているだけ!それならば、草食系男子にピッタリかもしれません。もしかしたら、エロ電話がこれからの男女交際のスタンダードになるのでしょうか?